羨ましい【台湾人の語学力がすごい】英語、日本語、台湾語?

台湾

こんにちは、ダイスケです。台湾に住んで一番びっくりしたこと。

それは台湾の暑さでも虫の多さでもバイクの多さでもなく、

台湾人の語学力がすごいということです。

この記事では台湾人の語学力の凄さについて書いていきたいと思います。

 

ほとんどの人が2つ以上の言語を話せる

これまで出会った台湾人は、大体の人がバイリンガルです。まあ言語交換とかで知り合うのでその傾向が強いのはそうなのですが。

ただそれを抜きにしても大体は中国語以外の言葉が話せます。「中国語しか話せない」という人には出会ってないかもしれません。

まず、台湾人の多くは、中国語の他に台湾語を話せます。

台湾語は中国語とは全く違うれっきとした台湾独自の言語の1つです。発音も独特で、聞いたところ中国語より難しいとか…。日本人が台湾語を話せば100%ウケますのでぜひ覚えたいところですね。

今のおじいちゃん世代、お父さん世代の人たちは大体話せます。若い人の中には、家でおじいちゃんと話す時は台湾語、友達と話す時は中国語を使うという人もいました。そうやって台湾語を覚えていくようです。学校では中国語を勉強しますからね。

ただ、出会った人たちの中には、「台湾語は少ししか話せない」という人もいます。最近は話せない人がだんだん増えてきているというのはちょっと寂しいですね。

とまあこんな感じで、ベースとして2つ以上の言語を話すということが当たり前という環境にあるのが台湾です。ここが日本とは大きく異なる部分ですね。とっても羨ましい!

我々日本人からしたらめちゃくちゃすごいことですよね。コンプレックスを感じざるを得ないでしょう。完敗です。笑

中国語と台湾語の2つを話せるのがベースにある

 

英語って公用語なの?レベルですごい

話せる言語のレパートリーは「中国語と英語」という組み合わせが多いです。大げさに言うと、公用語ですか?と感じるくらいみんな話せます。「英語全く話せないんだよね」という台湾人には会ったことがありません。中には謙遜して「少しだけしか話せないよ…」という人もいますが、日本人が言う「少し」とはレベルが違います。

友達と遊んでいる時にその友達に1本の電話が掛かってきたんですが、当たり前のように英語で話し始めたんですよ。これにはびっくりしました。電話が終わった後に、「どこで英語勉強したの?」と尋ねると、「え?高校だよ」と当たり前のように言うんですね。そんなことあります?笑

またある時、コンビニでのんびりしている(台湾のコンビニの多くは休憩スペースがある)と、欧米系の外国人が店員さんに英語で質問していました。どうやら道を聞いていたようです。これもやっぱり普通に会話が成立していました。だたこの店員さんはそこまで得意という感じではなかったですが、コミュニケーションがしっかり取れていたし、何よりも発音が話せる人のそれでした。

また、台湾に来たばかりの頃、スタバで飲み物を注文する時に中国語でのやり取りにつまずきました。すると店員さんは、今度は英語で質問してきました。本当に恥ずかしいですねぇ…。「英語の方が分かんねえよ!」と心の中で思い惨めな思いをしました。あの店員さんの「英語も分かんないの?」という顔を今でも覚えています。

また、クラスメイトも大体の人が英語も話せます。なので最近は、「英語話せないんだよね」と言うのがめちゃくちゃ恥ずかしいです。笑

あれ?なんかもうここまで来ると台湾人がすごいんじゃなくて、日本人がやばいだけなのか?と思えてきますね…笑

台湾に来ると、英語を話せないことがかなりコンプレックスに感じます。中国語を勉強しに来てるのに、「英語も勉強しなきゃ」といつも思わされますね。

英語を話せないのが恥ずかしくなるくらい皆話せる

英語は結構な割合で話せる人が多いので、英語圏の人からすれば、台湾は日本と比べたらかなり旅行しやすいんじゃないかなあと思います。

 

 

 

日本語を話せる人もそこそこ多い

英語にはもちろん負けますが、日本語を話せる人も結構多いです。日本人としては嬉しい限りですね。台湾から日本へワーキングホリデーで行くには毎年「抽選」が必要なくらい人気だし、日本語を使う仕事も多いみたいです。

どうやって勉強するのかというと様々で「大学時代に勉強した」「日本に留学した」「独学で勉強した」などなど。もう日本語に対する熱意がすごいです。僕も見習わなくては。

日本に住んだことがある人はかなりペラペラです。1年でモノにする人もいます。日本人と比べて外国語学習のノウハウを持っているのでしょうか。

また、最近の若い人たちの間では、日本よりも韓国の方が人気があるように僕は感じます。なので、最近の若い人たちは日本語ではなく韓国語を勉強する人も多いですね。

日本の人気はすごい でも最近は韓国も人気がある

言語を覚えることに対する苦手意識がない

つまりはこういうことでしょうか。ベースが中国語という「発音が難しい言語」をすでに習得しているので、英語とかも入ってきやすいんでしょうね。あと海外に留学するという人も少なくありません。これまで出会った人は、どこかの海外には住んだ経験があるという人が多かったです。大学に在学中に留学した、大学を卒業してから海外に留学した、働いてるけど今度仕事を辞めて日本に行くなど、海外に住むことが当たり前というか特別なことではないという感じがします。そういう風潮というか文化なんでしょうね。恐るべし行動力で羨ましい限りです。

海外に住むこと、言語を覚えることは特別じゃない

台湾に住んで色々な人と出会い、とても良い刺激材料になっています。中国語を勉強するという以外にも多くのことを吸収できているような気がします。

 

※僕がこれまで出会った台湾の人たちは、20代〜30代がほとんどで、それ以外の世代についてはこの限りではないことがありますのでご了承ください。

今回は、台湾人の言語の凄さについて書いてみました。最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました