台湾の語学学校にノービザで通う【ノービザ、ワーホリ、留学ビザって?】

語学学校

こんにちは、ダイスケです。中国語を勉強するためにワーキングホリデーで1年間、台湾に住むつもりでいますが、その前に3ヶ月ノービザで行きます。合わせて1年3ヶ月間、台湾で暮らします。台湾のワーホリを検討されている方の参考になれば幸いです。

 

この記事はこんな人におすすめです。

ワーホリで語学学校を検討している人

 

ワーキングホリデーで台湾へ

中国語をマスターするには最低1年は学校に通いたいところですよね。1年通うには留学ビザという手がありますが、原則としてアルバイトができません。僕にはこれがネックでした。言語の習得にはレストランや居酒屋で働いて現地のお客さんとたくさん会話をすることが語学習得に大きく貢献すると思っています。台湾のアルバイトは時給が500円〜700円と日本と比べると安いですが、働いて収入を得ながら言語も習得できるというのが良いのではないかと思い、バイトはしたいと思っています。ここで留学ビザは諦めました。しかも手続きが面倒くさそうだったんですよね。笑 奨学金とかも色々ありますが、どうしてもその手続きが面倒に感じました。

それに比べて、ワーホリはアルバイトをすることが可能です。もちろん働かなくても良いですが。手続きも全然難しそうではなかったので、僕はワーホリで台湾に行くことに決めました。

一番は1年間学校に通いながらバイトもするのが理想ですが、このワーホリは3ヶ月(一学期分)しか語学学校に通うことができません。なかなか思うようにはいきませんね。

 

 

ノービザで語学学校に通う

語学学校に3ヶ月って足りなくないですか…?全く感覚がわかりませんが、最低1年は通いたいなと思っていたところに3ヶ月なので、どうにかもっと学校に通える方法はないか考えました。それで辿り着いた答えが、「ノービザで3ヶ月学校に通う」でした。台湾には90日間ならビザがなくても滞在することができます。ノービザで3ヶ月学校に通い、その後帰国してからワーホリを申請し、再び台湾に行き、また3ヶ月学校に通うという予定でいます。これで合計で半年学校に通えることになります。これって結構珍しいというか中々ないのではないでしょうか。1年は通えないですが、半年(二学期分)は通えるのでここに落ち着きました。

最初ノービザで行くことにはもう一つ僕の中でメリットがあり、僕はサラリーマンを辞めてからすぐ台湾に行きます。有休消化の途中でもう台湾に行っちゃうんですよね。笑 会社に所属しているのに住民票を抜くことに抵抗があり、健康保険や年金の絡みを考えると、最初ノービザで行くことはメリットになりました。ノービザは言ってみればただの観光旅行です。会社を辞めた後の3ヶ月間、有休消化の間に台湾に旅行に行くという感じですね。そのついでに学校にも通うという。ちなみに台湾にいる間に会社を退職することになっています。そしてノービザを終えて日本に帰ってきた後に、ノービザの申請と同時に住民票を抜く手続きをするつもりです。3ヶ月後に一時帰国することが前提なので、台湾の家も3ヶ月だけで借りています。お金の面で見ても、飛行機代は格安航空なら2〜3万円なのでそこまで大きくないですよね。一時帰国して色々手続きもしたいので僕にはこれが一番しっくりきました。

 

 

ノービザって大丈夫なの?

気になるところですよね。色々な方の台湾留学のブログを読み漁りましたが、ノービザで語学学校に通ったという人は見つけられませんでした。実はノービザは原則として学校に通ってはダメなことになっています。ノービザは観光することが基本で、建前として仕事はもちろん学校にも通ってはダメなんですね。しっかり目的に合ったビザで入国してくださいということです。そりゃあそうですよね。

しかし、国立台湾師範大学の語学学校の案内の中に、「90日間ノービザなら一学期授業を修了できます。」と書かれていたこともありますし、色々調べた結果これで行けるという結論に至りました。(通う学校は中国文化大学の語学学校ですが)

もしこれで入国審査に引っ掛かったなんてことになったら最悪ですが…。笑 いや笑い事じゃないですね。もし無理だったらしっかりブログに書きたいと思います。

 

 

まとめ

①ノービザで3ヶ月語学学校に通う

②一時帰国してワーキングホリデーを申請する

③ワーキングホリデーの最初の3ヶ月間語学学校に通う

合計1年3ヶ月台湾に住み、6ヶ月間語学学校に通う

 

台湾移住をワーホリで考えている方の参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました