台湾に行く前に思う不安なこと(ルームメイト?中国語?)

移住

どうもダイスケです。いよいよ今週台湾に行きます!

海外に移住したことがある方は、行く前にどんな不安がありましたか?

台湾に行く4日前ですが、今不安に思うことを書いていきます。

 

ルームメイトと仲良くできるか

僕はアパートに一人暮らしをする訳でもなく、どこかの家庭にお邪魔してホームステイをする訳でもなく、ルームシェアをするつもりです。ルームメイトは全く知らない外国人です。部屋は民泊サイトのAirbnbで探しました。台北のそこそこ中心に位置しているビルの中にあります。部屋はそれぞれ個室がありますが、リビングやトイレ、シャワーや洗濯機は共有で使います。既に住んでいるルームメイト達はどんな人たちか想像もつきませんが、おそらく僕と同じで中国語を勉強するためにそこに住んでいる若者だと思っています。国籍も人種もバラバラでしょう。文化の違いや考えの違い、そもそもどうやってコミュニケーションを取ればいいのか。考えれば考えるほど不安になってきますね。

話す言葉はお互い勉強している中国語になるのかそれとも世界共通の英語になるのか。日本人ではない限り日本語はまず使わないでしょうね。日本語を話さない環境というのはまずありがたいですが、言いたいことがうまく伝わらない、考えの違いでそもそも生活自体が合わないなど、「こうなったらどうしよう」とネガティブなことばかり考えてしまいますね。

ですが、悪いことばかりではなく、もちろん良いこともあります。ここで出会う外国の人たちは、自分が日本に住んでいたら絶対に出会うことのなかった人たちです。人脈が広がることは見聞や選択肢が広がることを意味します。もしかしたらその外国人が一生の友達になったり、将来大事なビジネスパートナーになるかもしれません。不安はありますが、出会いが増えるのは人生にとっては間違いなくプラスになると自分に言い聞かせて、しっかりコミュニケーションを図っていきたいですね。

 

 

中国語が全く成長しなかったらどうしよう

語学学校に通うことは通いますが、全部自分次第ですよね。自分に絶望的にセンスがなくどんなに勉強しても全く成長しなかったらどうしようという不安があります。発音が難しい、リスニングが難しいのは現時点でとても実感しているから尚更です。最近、誰かと会話をしている時、「今言ったこの日本語って中国語に訳したらどうなるんだろう」と考えますが、全く検討もつかないなんてことが多々あります。細かい表現やニュアンスも難しいですし、日本語みたいに話せないもどかしさもあります。

学校の先生の言っていることが全然わからないとか、生活していく上で必要な最低限の会話も全然できなかったらどうしようとか、色々考えてしまいます。

そもそもこの台湾移住は、全て中国語を習得するためのものです。その一番大事なところが全くできなかったらどうしようもない…。おそらく当面の間は常にこの不安と戦っていくことになるでしょう。もちろん死ぬ気で勉強するつもりではいますが。いつかこのブログを見返して、こんな心配もしていたなあと懐かしくなりたいですね。笑

 

 

虫が多かったらどうしよう

これはもう本当に不安ですね。一番不安です。僕は虫が本当に苦手です。退治なんて本当にできませんし、部屋にめちゃくちゃ出たらどうしようとその心配ばかりしています。こればっかりは気持ちでどうにかできるものではないので困りますね。とりあえず日本から虫撃退グッズを持って行くつもりです。笑

台湾に住んでいる人の中に虫が苦手な人はいるんでしょうか?それとも住んでいたら慣れていくのでしょうか。もういっそのこと慣れてしまいたいですね。

 

 

不安だろうとやるしかない!

不安なことは大きく3つですが、不安とは言ってもやるしかありません。自分で決めた道ですからね!自分にそう言い聞かせて必死に生活していきたいと思います。もちろん不安もありますが、その分期待も大きいです。新鮮で刺激的で貴重な体験ができる生活を送れるのはとても楽しみですね。せっかく仕事を辞めてまで台湾に住むのですから、多くを吸収できるように受動ではなく能動でいたいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました