【台湾華語】その中国語、台湾では使わないかも!?

中国語

台湾で中国語を勉強しようと思っている方、

大陸(中国)の中国語(普通話)と台湾の中国語(華語)は違います。

簡体字と繁体字で字体が違うのはもちろんですが、発音の仕方や名詞の呼び方の違いなどたくさんあります。

今回は大陸(台湾人は中国のことを大陸と呼ぶ人が多いです)と台湾の中国語の違いについて紹介したいと思います。

 

 

大陸と台湾で使われる単語の違い

僕は日本にいた頃に、日本で買った中国語の参考書(簡体字)で勉強してきました。今は台湾の語学学校で勉強しているのですが、参考書に登場する単語が「台湾では違う言い方だった」ということが多々あります。授業中に「○○じゃないんですか?」と聞くと、「それ中国だよ笑」と返答されます。

ということで、台湾では使わない中国語、また別の呼び方をする単語の一部を紹介します。カッコ内が単語の意味です。※大陸の文字も全て繁体字で入力していて違和感があるかと思いますがご了承ください。

咱們(私たち)→台湾では使わない

哪裡哪裡(どういたしまして)→不會(不客氣は台湾でも使う)

漢語(中国語)→中文

請多關照(よろしくお願いします)中国でもあまり言わない→台湾でもあまり使わないが使う場合は請多指教

こんな感じで初っ端からいきなり違うんですね。笑

方便麵(カップラーメン)→泡麵

服務員(店員)→服務生または店員

空中小姐(キャビンアテンダント)→空姐または空服員

多長(どのくらい)→多久

點菜(注文する)→點餐

往右拐(右に曲がる)→往右轉

信號(信号)→紅綠燈

出租車(タクシー)→計程車

自行車(自転車)→腳踏車

土豆(ジャガイモ)→馬鈴薯

西紅柿(トマト)→番茄

三文魚(鮭)→鮭魚

手紙(トイレットペーパー)中国でも手紙と言うのかは不明→台湾では衛生紙

哪ㄦ(どこ)→哪裡

和(he2)(〜と)→和(han4)

垃圾 発音がla1ji1(ゴミ)→垃圾 発音がle4se4

こんな感じで発音が違うものもあります。

きっとまだまだたくさんありますので、随時追加していきたいと思います。

 

 

 

発音にも大きな違いがある!

台湾の中国語は舌をあまり巻かない

中国語を学習する上で最も重要で最も難しいものである「発音」。

台湾で中国語を学習する人全員が、まず最初にこの壁にぶち当たることと思います。

「なんか発音違くない?」そうなんです違うんです。

全ての発音が違う訳ではなく、舌を巻いて発音するものだけが違います。

舌を巻く子音は「zh」「ch」「sh」「r」の4つですよね。

「r」はまだ分かりますが他の3つは「z」「c」「s」の子音と区別がつきません。

好吃なんて「ハオツー」ですからね。自分で話す分には、舌を巻かない方がラクなのでまだ良いのですが、聞き取る時は少し難易度が上がります。

ちなみに学校の先生はしっかり舌を巻いた中国語で教えてくれます。舌を巻くのが本来の中国語ですからね。ただ、独り言や台湾人と話している時は巻いてないです。笑 教える用の中国語と自分の中国語を使い分けているようです。

ここで悩みどころなのが、「自分はどっちで行くのか?」

実は僕も授業中の中国語と友達と話す時の中国語は、一丁前に使い分けています。笑

でも舌を巻く単語と巻かない単語が混在したりで、ちょっとおかしな中国語になっている気がするのでどちらかで統一していきたいですよね。

もちろん、舌を巻いたとしてもちゃんと台湾人には通じます。

台湾だけでなく、大陸でもしっかり通じるように舌をしっかり巻いた中国語で行くのが正しい気もしますが…。ただ、台湾人と話をする時に舌を巻いた中国語で話すのは少し違和感があります。台湾人からは「そんなに舌巻かなくて良いよ笑」なんて言われますし。それから舌を巻いていない方が「中国語ができる人」に見えますね。笑

悩みどころです。

 

軽声をあまり使わない

中国語には4つの声調の他に「軽声」というものがありますよね。これもあまり使いません。

消息 認識 告訴 行李

などの後ろの漢字は大陸では軽声ですが、台湾ではしっかり本来の声調を使います。

でも全ての単語で軽声を使わないのかと言うとそうではなく、使うものもあります。

例えば、鑰匙(カギ) これはそのまま軽声だったりします。

なので、自分で単語を勉強していて軽声が出てくると、「これはどっちだろう?」となってしまうのが面倒なところです。

 

 

 

ㄦ化をほとんど使わない

「ㄦ」は中国語を勉強しているとよく出てきますが、台湾ではこれもほとんど使いません。ちなみに繁体字では「兒」と書きます。

一點兒

一會兒

哪兒

玩兒

使い方としてはこんな感じですが全然言わないです。(有點兒ぐらいだったら教科書には出てきますが)この4つくらいしかパッと思いつきませんでした。というのも見た感じ難しそうなので、台湾ではあまり使わないという所に甘えて全然勉強していません。笑

 

 

 

 

語気助詞がめちゃくちゃ使われる

本当に難しいです。これができれば台湾人に大きく一歩近づけるんですけどね。

台湾人は語尾に色々なものをくっつけます。

嗎 呢 吧あたりはだいたい分かりますが、

啊 呀 耶 嘛 囉 嘞 啦 喔 勒 喲 唷哎 欸

台湾人と連絡を取る時や、台湾人YouTuberの動画を見ていると大体の語尾には何かしらが付いています。しかも「この時にはこれ!」というのがなく不規則に使われていているようでとても難しいです。

日本語で言うと、「そうだよ」「そうだね」これくらいの違いなのでしょうか。

無くても言葉としては通じますが、あった方が良いという類のものです。

これについては別の記事で紹介したいと思います。

 

 

 

以上が僕が台湾で勉強して感じた、中国との中国語の違いです。

こんなに違っていても中国人と台湾人が会話できるってなんかすごいですよね。笑

例えるなら標準語と関西弁くらいの違いでしょうか?日本人にとっては簡単だけど外国人にとっては難しいというような。

台湾で中国語を勉強したいと思っている方の参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました