【台湾グルメ】迷ったらこれ「八方雲集」台湾の餃子・注文方法を紹介!

台湾

台湾と言えば「グルメ」。小籠包や滷肉飯、フルーツなど美味しい食べ物がたくさんあります。それも、もし食べるとしたら夜市に行ったり街を散策して台湾っぽい良い感じのお店から探していきますよね。

ですが、僕は敢えてこのお店を紹介したいと思います。

その名も「八方雲集

水餃子」と「鍋貼」(細長い焼き餃子)で有名なお店です。

餃子って聞くとどこか台湾っぽい感じがしますよね。

このお店、実は台湾の至る所に展開しているチェーン店なんです。

「台湾に行ってわざわざチェーン店に行くのかよ」

なんて思わないでくださいね!勿体ないですよ!

台湾人にも人気のこのお店、特に台湾の味に飽きてきた方に特にオススメできますので、注文の仕方などと併せて紹介したいと思います。

 

 

台湾人にも人気の餃子のお店

「八方雲集」はこんなお店

目印はこの黄色い看板。街を歩けば結構いろんな所にあるので簡単に見つけられると思います。僕がよく行っているのは、台北駅にも近い「忠孝敦化駅」の近くにある店舗です。この駅は地下街と繋がっていて、外に出ることなくお店まで辿り着けます。4番出口方面から地下街に向かうのが最短なので、どこの店舗に行けばいいか分からない方にはぜひオススメです。

このお店を代表するのが、大きく分けて2種類ある「餃子」。

水餃子 日本でもお馴染みの感じ

鍋貼 普通の焼き餃子を細長くした感じのもの(味は普通の焼き餃子と同じ

「グオティエ」と呼びます。

これが舌の肥えた台湾人の胃袋をがっちり掴んでいるのです!!

メニューのラインナップ

水餃子と鍋貼がこのお店の主力で、お店によって「ワンタン」や麺類などもあります。僕が通っていたお店には水餃子と鍋貼ぐらいしかなかったのでお店によるようです。

また、水餃子と鍋貼はそれぞれ味を選ぶことができます。

日本語も書いてあって分かりやすいですね。

招牌   →  スタンダード

田園雞肉 →  野菜と鶏肉

韭菜   →  ニラ

韓式辣味 →  キムチ風

咖喱   →  カレー

玉米   →  コーン入り

鮮蝦   →  エビ入り

種類が豊富ですね。

値段はそれぞれ1個5元〜8元=約18円〜30円

そう、めちゃくちゃ安いんです。お腹いっぱい食べても300円前後で収まるというのがありがたいですね。安くて美味しい。これが人気の秘密です。

この他には酸辣湯、玉米濃湯(コーンスープ)といったスープ系や飲み物、牛肉麺やワンタンなどもあります(店舗によって異なります)。少し残念なのが、白飯が無いこと。我々日本人にとっては、餃子にはご飯が欲しいところですが、台湾人にとっては「餃子食べるならご飯いらないじゃん」って感じだそうです。

日本人好みの味!

僕がここをオススメしたい一番の理由が日本人好みの味だということです。

台湾独特のあの感じがどうも苦手だ…。
連日いろんな所で食べ歩きして台湾の味に飽きてきた…。

という、台湾旅行あるあるで萎えた時、日本食のチェーン店にでも行こうかと思ってしまいがちですが、そんな時にオススメ。まだ台湾の最後の砦が残っていますよ!

ここの餃子は日本のものと似ていてクセがなく、台湾感が少ないです。台湾感が少なくてもいつも台湾人で溢れかえっている人気店なので、大衆向けの味ということなんでしょうね。もちろん台湾の独特の味が好きという人にもオススメできます。

 

 

注文の仕方

海外旅行で一番困るのが「料理の注文」。ぜひ参考にしてください。

紙に書いて注文するスタイル

ありがたいことに、紙に書いて注文するスタイルとなっています。イレギュラーな事が無ければ一言も話すことなく注文から会計まで済ませることができます。安心ですね!

イレギュラーな事と言うのは、例えば注文したものが既に終わっていたり(遅い時間帯にありがち)、注文したものが忘れられてたりといった類のものなのでそんなに遭遇することは無いと思います。ちなみにどちらも経験済みです。笑

 

1.入店したらまず注文用紙と鉛筆を手に取り席につく

混んでる時は相席などもあります。突然目の前に他のお客さんが座ってきてもびっくりしないでくださいね。

 

2.用紙に座った座席番号と注文したい料理の個数を記入する
記入するのは「正の字」でも「英数字」でもどちらでも構いません。
座席番号を記入するのを忘れないように。
3.レジに持って行き、店員さんに用紙を渡しお会計
事前に合計金額を計算し、お金を準備しておくと良いですね。店員さんが何か喋ったりしますが、独り言か他の店員さんに言ってることがほとんどなので気にしなくて大丈夫です。
本当に話し掛けられてるならどうにか対応しましょう。それでも片言の英語でOKです。
4.割り箸や醤油を準備する
店員さんは料理を持ってくるぐらいで、その他の準備は基本的にセルフとなります。
割り箸、スプーン、醤油や酢…。自分で準備して待ちましょう。
5.食べ終わったらそのまま退店でOK
ちなみに料理は飲み物やスープ系が先に来ます。そのあとに鍋貼、水餃子は少し時間が掛かるので時間差で来ます。注文を忘れている訳ではないのでゆっくり待ちましょう。
食べ終わった後、自分で片付ける必要は無いです。食べ終わったらサッと退店してOKです。
混むお店なので、食べ終わった後もいつまでもグダグダいると白い目で見られますのですぐに出ましょうね。

どれくらい頼めば丁度良い?

鍋貼が5個、水餃子が5個、酸辣湯が1杯。これで80元(約290円)です。(一人前)
これだけで十分お腹いっぱいになりますので、大体の目安にしてみてください。
写真が悪くて申し訳ないのですが、だいたいこんな感じ。
オススメの味は、値段が少し高くなりますが「エビ入り」です!
エビ味2つ、普通の味3つという感じで分けても良いですね。
飲み物はぶっちゃけ普通なので、コンビニで買った水で良いと思います。
店内にお冷のサービスはないので注意しましょう。

 

 

お店によくあるこれって何に使うの?

ところで皆さん、台湾でこれを見たことはありますか?結構置いてますよね。

 

見たことがない方もちょっと予想してみてください。

 

 

これはそう!

こうやって割り箸の袋を挟む為にあるものだそうです!!

あとついでにレシートも飛ばないように文鎮の代わりにもなります。

台湾は暑いので冷房がガンガン効いています。その冷房の風でゴミが飛ばないようにという理由のようです。面白いですね。皆さんもぜひ使ってみましょう。

 

今回紹介させていただきましたこのお店、興味を持っていただけたら嬉しいです。

いろんな所にあって注文も簡単、安くて美味しい!

「八方雲集」

チェーン店だからと敬遠せずに、ぜひ行っていただきたいお店です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました