【中国語】台湾に1ヶ月住んでどれほど上達したのか

中国語

台湾に住んで1ヶ月が経ちました。台湾に来た一番の目的である「中国語の習得」。

1ヶ月住んでどれほど上達したのか包み隠さず報告します!

 

 

ちょっと自分で勉強してから台湾へ

まず補足情報として、

・台湾に住む前に4ヶ月間独学で勉強していた
・学校のクラスは「初級1」ではなく「初級2」からスタート
・その学校に通った日数は通算17日
・英語も話せない(言語の習得は初めての経験)

この通り勉強し始めたばかりの初心者ではありますが、「ニーハオ」しか分からない状態で台湾生活をスタートさせた訳ではありません。上記の通り4ヶ月間は勉強していましたので、最低限の語彙、文法は知っている状態でのスタートでした。

この補足情報がないと、誤解を招く恐れもあると思いましたので先に書かせていただきました。

 

 

 

1日の勉強時間は約9時間

正確には計っていませんが、平均したらこれくらいなはずです。

僕の台湾での1日は、

9:00 起床 2時間自分で勉強
13:30 学校へ 3時間学校で勉強
18:30カフェへ 2時間友達と言語交換
22:00 2時間自分で勉強
26:00 就寝

だいたいこんな感じです。

これ以外の空いた時間でもだいたい何かしらで中国語に触れています。

なので、睡眠時間以外はほぼ中国語のことを考えていることになります。

単純計算で

30日×9時間=270時間

独学の4ヶ月間は仕事をしながらだったので1日1時間

120日×1時間=120時間

現在の中国語の総勉強時間は約390時間です。

 

 

 

 

結論:ネイティブとの会話はどうにか成立する

と先に結論を書きましたが、これには条件がいくつも必要です。

まずリスニングに関して、話すスピードは0.75倍速にしてもらう必要があります。ボソボソ話されると聞き取れませんし、知らない単語を使われるとそこで会話は止まります。それから会話はある程度相手が言いたいことが予想できるため割とリスニングできますが、急に話し掛けられた時はほとんど聞き取れないことが多いです。

先日、飯屋でスタミナ丼を注文した時、店員さんが何かを聞いてきましたが、全く分かりませんでした。聞き返したところ「生卵そのまま乗せて大丈夫ですか?」と言ってたようです。丁寧な店員さんでしたが、当たり前すぎて全く想像できませんでした。こっちは生卵が乗ってる写真を見て注文してるんですからね。笑 こんな感じで、店員とのやり取りはかなり難関です。店員と対峙する時はある程度聞かれるであろう事は頭の中で準備しているつもりです。でもボソっと言われたり、予想だにしていないことを言われた時は、どうしようもないのが今の状態です。

「你要吃什麼?」これはよく言う簡単な中国語で「なに食べる?」で、文字を読めば簡単です。でも店員はこれを0.1秒でボソっと言います。「今なんか言葉発した?」レベルなため、本当に難しいです。

次にスピーキングですが、自分が思っていることの細かい部分まで伝えたいとしたら、6割くらいしか伝えられません。日本語の細かいニュアンスを中国語で表現できないからです。語彙も文法もまだまだ赤ちゃんレベルなので、毎回似たような単語や文法を使い回して喋っている感じです。少し長文を喋りたい時は考えながら話すことになるので、やっぱりまだまだですね。そして、日本語って便利な言語だなあとしみじみ感じます。笑

それから、当たり前ですが片言です。まさに「日本人が話す中国語」で、今のところネイティブのように話す自分が想像できません…。

 

こんな感じでマイナスのことばかり書きましたが、めっちゃハードルを下げれば「会話が成立している」という形にはなっていると思います。

例えば日本語を勉強し始めたばかりという外国人と会話をする時、難しい単語は使わないですよね。そんな感じで相手に話してもらっているのも会話が成立している要因になっています。

普通の何気ない会話を中国語だけでしていると、「あれ?俺もしかして話せてる?」と嬉しくなるし、0.75倍速の中国語(これでもまあまあ速い)を聞いて理解できると成長している気がしてモチベーションに繋がります。リスニングに関しては3週間経ったぐらいから理解度が急に成長したような気がします。

まとめると、「どうにか会話はできる」でも

・速くない難しくない中国語で話してもらう必要がある
・似たような文法で話してしまう(新しく覚えた文法や単語はパッと出てこない)
・店員との会話が試練
・いつになるかは分からないが習得できそうな気がしてきた

1ヶ月ではこんな感じです。

 

 

 

1ヶ月間の勉強方法

台湾ではありがたいことに何人かの友人を作ることができました。台湾には日本語を勉強している人がたくさんいますし、彼らの日本語能力は本当に高いです。勉強熱心な彼らからすれば、僕みたいに中国語が初級レベルの日本人でも、いわば「日本語のプロ」な訳で、重宝されるんですね。笑

そんな訳で、ご飯を食べながらだったり、カフェに集合したりで「言語交換」をしています。1対1でやることが多いですが、「言語交換の勉強会」に行くこともあります。週に1回みんなで集まって言語交換しましょうよというグループで、台湾に住んで初めてその存在を知りました。行ったら必ず台湾人と話すことができます。

1週間に最低3回ぐらいは言語交換をしています。自分で勉強ばかりではアウトプットできないし、何より台湾に住んでいる意味がないですからね。言語の交換というよりもほとんど一方的に教えてもらってばかりで本当に有り難いです。笑 慣れている人が多く、「この質問良く日本人にされるんだよね!」なんてこともしばしば。どうやったら日本人が納得するのか答え方を知っています。

 

自分で勉強する時間は、主にyoutubeの動画を漁ります。「中国語教えます」みたいな動画はもちろんですが、台湾人YouTuberの動画を良く見ます。日本ではあまりないですが、台湾のテレビ番組やyoutubeの動画には、そのほとんどに中国語の字幕が付いています。学習者にとっては有り難いですね。

僕が大好きなのが「這群人」という人達のチャンネルです。説明するよりも観てもらった方が早いので説明しませんが、中国語が分からなくても面白いし(もちろん分かったらもっと面白い)、おしゃれで飽きないです。おそらく台湾で一番チャンネル登録者数が多いのではないでしょうか。

そして彼らの中国語は本当に速くて絶望します。0.75倍速に設定してもシャドーイング(動画に合わせて自分も喋る)できません。笑

彼らの動画を観て、知らない単語が出たら一々止めて調べます。ネイティブが使う単語って当たり前ですが本当に語彙が豊富なんですよね。笑 たった1つの動画で知らない単語がバカみたいに出てきます。しかも台湾の若者が使う中国語なので、「こういう時はこうやって言うんだ」と実戦向きで勉強になります。

リスニング、語彙、文法、使い方その全てが彼らの動画に詰まっているので、台湾の中国語を勉強したいなら大変おすすめですよ。あと面白いので、中国語を勉強していない人にも観てほしいですね。

よく勉強にはドラマを観るのがおすすめと言いますが、youtubeはドラマの上位互換だと思います。観たい時にどこに居ても観れる、一時停止、5秒の巻き戻しがラク。言語の勉強に向いてますね。

 

このように、学校の授業だけで十分な訳はないので、自分でも勉強しています。

・youtubeの色々な動画を漁って、語彙と文法をひたすらインプットする
・言語交換の場で、理解が足りない文法を教えてもらったり実際に試す
・会話でリスニングとスピーキングを鍛える

 

1ヶ月間このように勉強してきましたが、このやり方はこれからも変わらないでしょう。

 

 

 

中国語の習得には何時間必要なのか

これは僕も本当に気になっていて、というか今まさに自分で検証中ではあるのですが、

中国語を勉強する前に調べたことがありました。(今は検索してもなぜか出てこない…)

それには、

中国語の習得に必要な時間は3,500時間

と書いてあったと記憶しています。

1日9時間なら1年とちょっとですね。笑 個人差があるのはもちろん、目標とするレベルにもよりますが、確かにまあそれぐらいかなあなんて思っています。それから、1万時間の法則なんてのもありますよね。なんでも1万時間費やしたら超一流になれるという理論。なんだか賛否両論あるようですがそれは置いといて、1日9時間だと3年。確かにこの生活を3年も続けたらネイティブになれそうな気がしています。笑

僕は、1ヶ月で中国語をマスターしましたとか、聞き流すだけで話せるようになりましたというタイプの人ではなく「THE努力型の人間」ですし、言語の習得にもセンスがある方ではないと思っていますので、この生活を1年は続けるつもりでいます。

 

 

これからもこのブログでちょくちょく報告していきたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました