【中国語】初心者から見る初心者の泣き所を解決!中国語力を上げよう

中国語

中国語を勉強しているダイスケです。

台湾に住んで2ヶ月になりました。毎日中国語の勉強に明け暮れるという生活をしています。

夜市?バイクが多い?もうすっかり普通の光景になってしまいましたね。

2ヶ月経って、中国語初心者の「特徴」というものが段々と掴めてきました。

もちろん僕も初心者なので良い気付きになりましたが、これは中国語学習の初心者にとって良いアドバイスになるのではないかと思いましたのでシェアさせてください。これから中国語を勉強するという方にとっては読んで損はないと思いますのでぜひ読んでくださいね!

 

 

外国人の中国語は「声調」が合っていない

これに尽きます。最近めちゃくちゃ実感しています。(リスニング力が向上したかも?笑)

中国語にとって重要なのは発音よりも声調なんじゃないかと最近思ってきました。ん?声調も発音の一部なのかな?

偉そうなことを言っていますがもちろん僕も間違っています。

言語交換会にも積極的に参加して中国語を勉強していますが、台湾人はもちろん他の日本人の方にもよく出会います。「中国語を勉強し始めたばかりなんです」という人にもよく会いますが、やっぱりその人たちが話す中国語は声調が間違っていることが多いです。もちろん僕もそうなので、我が振り直すように意識して話すようにしています。

また、クラスメイトはほぼ外国人なのですが、やっぱり彼らも声調が合っていないことが多いです。やっぱり声調って難しいんですね。

初心者なんだからしょうがないんですが、声調が違うと全く別の単語になってしまうというのが中国語の難しいところですよね。「日本人が話す日本人らしい英語」って皆さん想像つくと思いますが、あれってたとえ流暢じゃなくても意味は通じますよね。でも中国語は発音も声調もしっかり合っていないと通じないので、やっぱりここがミソだと思います。

それから日本語や英語は語尾を上げたら疑問文にできますが、中国語でそうしたら2声になって意味が変わるというのも面白いですね。

 

 

 

「声調」の難しいところ

単語の声調を覚えることは難しくありません。たとえば「趁」この読み方は何でしょう?と聞かれたらパッと答えられます。ですが、長い文章を読むとなると難易度がグッと上がってしまいます。

また、「一」と「不」のルールや、「3声+3声」のルールも皆さんはご存じかと思いますが、これも難易度をさらに難しくさせています。

3声が続く場合とかって漢字の並びを先読みして話すことになるじゃないですか。慣れれば簡単じゃんというかもしれませんが慣れるまでの初心者にとっては難しいんですよ!笑

以前、ちょっとした長文を台湾人の友達の前で朗読した時、

「意味は分かったけど、集中して聞かないと分かんないね」

と言われました。発音と声調は全て知っている単語だけの文章なのに!

声調が難しいだけでなく、中国語の文章は比較的「句読点」が少ないことから、文章を切るところを結構間違っていたみたいです。これも集中して聞かないと分からない原因の一つになっていました。

 

 

 

アドバイス:2声と3声の違いをはっきりと!

また他の人の中国語を聞いていて、「よく間違えているなあ」と感じるのが、

3声が2声になってしまいがちなところです。僕は、この間違いについては早い段階で修正することができたし今でも意識して話すようにしていますが、ここは皆さんにもぜひ意識してもらいたいポイントですね。そんなの分かってるよと思うかもしれませんが、中国語を学習して数ヶ月経っている人の中にもこういう人がいるので気を付けましょうね。

3声にも2声にも共通しているのは「最後が上がる」ところ。でも全然違います。

2声は「/」で、3声は「U」ですが、この3声も最後が上がるという部分を意識し過ぎて2声にならないように注意して発音しましょう。実際に台湾人の発音を意識して聞いてみると、3声は「U」になっていません(と僕は感じます)。記号で表すとすれば「・」こんな感じです。いやほんとですよ!笑

なんというか、トーンを少し低くする感じですね。

例えば「七點」は1声と3声なので

めっちゃ上の方で空を飛んでる感じで「チー」と言った後に、急にテンション低くなったみたいに地面に這いつくばってトーンを下げて「ディエン」という感じ。大げさに言うとこんな感じです。笑

というのも3声を発音する時、丁寧に「最初は上から途中は下に下がって最後は上がる、まさに「U」という軌道を描いた発音」で話していたら、あんなに速いスピードで話すことができませんからね。

なのできっと、これをめっちゃ速く話した結果が「・」になっているんだと僕は思います。笑

2声と3声の違いを意識して話してみよう

僕はこんな感じで話すようにしていて、誰にも注意されたことがなくしっかり聞き取ってもらえているので間違いではないと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

 

 

難しいけど悩むほどじゃない!

最後に、これです。難しいけど慣れればできると思います。声調が難しいからと絶望する必要も諦める必要も全くないですよ!

中国語を話す時に重要なのは、文法よりも声調だと思います。

台湾人は優しい人が多いので、多少声調が間違っていても理解しようと頑張ってくれます。前後の文脈などで多少間違っていたとしても頑張れば理解できてしまうので、優しさから指摘してくれないこともあります。(面倒くさいだけかも?)

でもこれって致命的ですよね。僕は早い段階で友達に指摘してもらえたのですぐ修正することができました。中国語を勉強し始めのうちは声調を意識して話すようにしましょう!もし言語交換の相手がいるならそこを重点的に聞いてもらうようにしましょう。

 

 

以上、初心者だからこそ言える初心者に対してのアドバイスでした!

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました