【どんな授業?】中国語の語学学校に通って1ヶ月が経ちました

語学学校

台北の「中国文化大学 語学センター」に通って約1ヶ月が経ちました。

合計で27日、1日3時間なので「81時間」授業を受けてきましたが、授業中の様子や授業の進め方などを紹介したいと思います。

 

現在の授業の内容

中国文化大学語学センターのカリキュラムはこのようになっています。

※中国文化大学語学学校のホームページより引用

初級が3つ、中級が3つ、中高級が2つ、高級が1つという構成になっていて、1つに3ヶ月費やします。

全部合わせると9つ、2年と3ヶ月で、「会話・観点表現の評論、ニュース及び社会論」について中国語でできるようになるみたいですね。中級以降は、1日の授業が2時間になって、1時間は自分の好きな科目を選択できるようです。

以前のブログで紹介しましたが、僕の今のレベルは「初級二」です。(初級一は受けていません。)

ちょうど今やっている文法は、

我已經學了一年的中文了

私は中国語を勉強して既に1年が経ちました。(今も勉強しています)

「了」が2つある文法

 

我每天睡覺睡七個小時
我每天睡七個小時(的)覺

私は毎日7時間寝ます。(この2つは同じ意味)

この「睡覺」という単語が2つに分離するところが日本人にとっては厄介ですよね〜。

こんな感じで、基礎中の基礎を勉強しています。

 

 

 

多国籍なクラスメイト達

僕のクラスは8人です。最初は12人の予定だったみたいですが、今の8人に落ち着きました。

僕が元々行こうと思っていた「師範大学」の語学センターは、6〜9人のAクラスと、13〜20人のBクラスがあるようです。学費はBクラスの方が25,000円くらい安いので、それほど「人数が少ないことは大事」ってことですね。

そして、僕のクラスは8人という少人数にも関わらず、師範大学のBクラスよりも1万円くらい安いです!人数が8人という少人数になったのはたまたまかもしれませんがコスパは良いので、ぜひ学費を節約したい方は中国文化大学の語学センターを検討してみてください!日本人のスタッフの方もいて安心ですよ。

さて、8人のクラスメイトは、日本、日本、韓国、韓国、インドネシア、インドネシア、タイ、ロシアという国際色豊かなメンバーとなっています。年齢も17歳〜25歳程度と若い人たちが集まりました。他のクラスには見た感じ30、40歳以上の方も普通にいるのでたまたまなんでしょうね。

 

1ヶ月授業を受けて、一番思うことは、「外国人遅刻し過ぎ」です。笑

日本でサラリーマンをしていた僕からすると遅刻なんて有り得ないと思っていますが、授業開始の時間になっても3人しかいないなんて当たり前ですし、20分30分の遅刻も普通にあります。だからといって先生は何も言いませんが。遅刻はやっぱり文化の違いなんでしょうかね。

それから休むことだってあります。 中国語を勉強するために会社を辞めて台湾に来た僕からすると、「時間と学費もっていねえなあ」なんてつくづく思います。

クラスの中で遅刻も欠席もしていないのは今は僕だけになってしまいました。笑

ちなみに1日休むと1,500円捨てたことと同じになります。ちゃんと学校行こうよ皆!笑

 

 

 

授業中の様子、授業の進め方

先生は、主に中国語で授業を進めます。そして生徒が理解していない時には英語を使います。

授業は主に教科書に沿って進んでいきます。

今やっているところはこんな感じですね。日本で勉強していた頃と違って、文字が全部「繁体字」なのは嬉しいですね。日本では簡体字の本しか売っていないので…。簡体字を繁体字に変換するという作業がいらないのは嬉しいです。

授業の流れは、

新しい単語を覚える
新しい文法を覚える
新しい単語を使って、文法を繰り返し練習する
一つの章が終わる時にテストをする

だいたいこんな感じで、文法の練習が一番ウエイトを占めています。

配られるプリントには10個も20個も新しい文法に関する設問があり、2人1組になって一緒に考えていくというスタイルで文法の練習をしていきます。まあ地味な反復練習で楽しくはないですね。笑

他には、先生が話した文章を聞き取って書くという聞き取りの練習や、2人1組で会話のやり取りを考えてみんなの前で披露するなんてのもあったりします。

※ただ、先生によって授業の進め方も違うようなので、中国文化大学の語学センターはこれ!という訳ではないです。

 

それから生徒同士の会話でも中国語を使っています。めちゃめちゃ拙い中国語ですがなんとかコミュニケーションはできています。日本人が2人、インドネシア人が2人、韓国人が2人、タイ人とロシア人は英語が話せるので、休憩中、時として教室内では、日本語、インドネシア語、韓国語、英語、そして中国語が飛び交います。まさにバベルの塔!笑

 

 

 

1ヶ月通った感想

今のところ授業のレベルは難しくないし、進むスピードもそこまで速くないので、どちらかというと少し物足りないかなと思っています。授業は1日3時間だけですからね。自分で勉強したり、台湾人と言語交換する方が身になっている気がします。笑

自分の勉強は、新しい単語のインプット、それから授業ではまだ出てきていない文法を勉強しています。台湾人との会話に困るので、日常会話で良く使う文法や、中国語の中でも重要な文法なんかを勉強しています。今の段階だと、これまでの授業で学んだ単語と文法だけで会話をするのは厳しいですからね。

ただ、そのうち授業のスピードも自分が追いつけないくらい速くなっていくと思うので、そうなれば授業の予習や復習に時間を費やすようになると思いますが。

 

それから、先生もクラスメイトもみんな良い人たちで、恵まれていると思います。

クラスメイトの中国語にはやっぱり個人差がありますが、お互いに助け合いながら進んでいる感じがして良いですね。

 

今のところ1日3時間の授業では少し足りない!
クラスの雰囲気は良く楽しく学べている

 

ということで、語学学校に1ヶ月通った感想でした。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました